日本胎児治療グループとは

日本において胎児治療法の有効性と安全性を科学的に検証し、胎児治療法の臨床応用を推進するための研究グループです。
厚生労働科学研究費補助金、平成19-21年度研究課題「科学的根拠に基づく胎児治療法の臨床応用に関する研究(代表研究者:左合治彦)」(H19-臨床試験-一般-009)の研究事業の一環としてはじまり、現在は厚生労働科学研究費補助金、平成23-25年度研究課題「胎児不整脈に対する胎児治療の臨床研究(代表研究者:左合治彦)」(H23-臨研推-一般-004)と成育医療研究開発費、平成24年度研究課題「胎児の高度先駆的診断・治療法の臨床応用に関する研究(主任研究者:左合治彦)」(24-2)の研究事業の一環です。

ホームページについて

責任者:左合治彦(国立成育医療研究センター)
事務局:遠藤誠之(大阪大学)
作成者:50音順
石井桂介(大阪府立母子保健総合医療センター)
市塚清健(昭和大学)
遠藤誠之(大阪大学)
小澤克典(国立成育医療研究センター)
左合治彦(国立成育医療研究センター)
杉林里佳(国立成育医療研究センター)
住江正大(福岡市立こども病院)
高橋雄一郎(国立病院機構 長良医療センター)
村田晋(川崎医科大学附属病院)
三好剛一(国立循環器病研究センター)
村越毅(聖隷浜松病院)
室月淳(宮城県立こども病院)
和田誠司(国立成育医療研究センター)
中田雅彦(東邦大学医療センター大森病院)

図の使用について:使用する場合は、Japan Fetal Therapy Group(http://fetusjapan.jp/)と出典を明記してください。